こんな症状ありませんか?(よくある質問)

    <婦人科>
  • Q.毎月生理痛で悩んでいます、市販のお薬を飲みながら様子を見ても大丈夫でしょうか?
    A.生理痛は多くの女性が悩む症状で、ほとんどの方は市販の痛み止めで様子を見ていると考えられます。痛みの程度に関わらず原因は多岐にわたり、痛みの原因によっては原因疾患の治療をする必要があります。子宮内膜症、子宮筋腫、良性腫瘍、悪性腫瘍、その他の原因疾患の鑑別診断をした後に適切な治療をお勧めいたしますので、痛みを我慢せずに、ぜひ一度御来院いただければと思います。
  • Q.膣のあたりに何か触れます、子宮が下がってきているような感じがありますがどうしたらいいでしょうか?
    A.高齢女性に多い症状で子宮下垂、子宮脱の可能性があります。場合によっては子宮と一緒に膀胱や直腸も下垂してきて膣からの脱出を認める場合もあります。原因は子宮やその周囲の臓器(膀胱・直腸)を支える筋肉の老化や加齢によるものが多く、いわゆる骨盤底筋群が弱くなることですが、若い方では分娩による影響も原因として挙げられます。しゃがんで作業する機会が多く重いものを持つ作業を繰り返すことにより症状も悪化する事がわかっています。治療は骨盤体操の指導や、膣内にペッサリーと呼ばれるゴム製のリングを挿入する保存的治療、または外科的治療(手術)などがあります。詳しくは診察にて患者様にあった治療を提案致しますのでお気軽にご相談ください。
  • Q.しばらく月経が不順で、数カ月間月経が来ない事があります。妊娠はしていないのですがこのまま自然に治りますか?
    A.年齢にもよりますが、月経不順は女性にとって様々な体調不良の原因となります。ホルモンバランスの異常や排卵障害をはじめ、不妊症の原因となったり、別な疾患も潜んでいる可能性もあります。適切な診察、検査のもと早めの対処をおすすめします。経過を見る場合もありますがその原因を患者様が把握した上で症状が改善するまでは定期的な受診をお願いいたします。
  • Q.2〜3週間前から陰部がかゆくて市販のお薬を塗ったのですが治りません。オリモノもあります、受診したほうがいいでしょうか?
    A.陰部のかゆみの原因は、単にかぶれや、あせも以外に細菌性腟炎、カンジダ腟炎や性行為感染症など検査、治療が必要な疾患もあります。おりものの性状でも疾患により特長があり治療薬もちがいます。また閉経後女性ではエストロゲン(女性ホルモン)低下による委縮性腟炎(老人性腟炎)が多く、陰部の痒みや腟内の乾燥により細菌感染や真菌感染を引き起こし、おりものが汚れることもあります。症状があれば受診して検査、治療をおすすめいたします。
  • Q.生理以外に出血がありますが、癌の心配はありますか?
    A.不正性器出血の原因は多岐にわたり、年齢によっても検査すべき内容も異なります。生殖年齢ではまず妊娠の有無を確認し妊娠であれば産科的対応となります。妊娠以外では良性腫瘍や悪性腫瘍(子宮頸癌・子宮体癌・腟癌、外陰癌など)などの器質的疾患の有無を検索し診断—治療へと進みます。器質的疾患が除外された場合は機能的子宮出血として治療を行います。特に悪性腫瘍が疑われるときは細胞診や組織診を行い適正な管理が必要となりますのでお早めに受診をお願いします。
    <不妊診療>
  • Q.結婚して1年以上になりますが、なかなか妊娠しません。わたしは不妊症なのでしょうか?
    A.不妊症の定義は『避妊をしないで性生活を継続しているのにも関わらず、1年間妊娠が成立しない状態』を言います。原因は男性因子・女性因子・あるいは両方考えられますが、原因不明も多く奥様、ご主人ともに検査をすることをおすすめします。当クリニックでは検査結果をもとに患者様と治療の必要性について相談し、その上でご希望に沿った不妊治療を提案致しますのでなかなか妊娠しない場合はぜひご相談ください。
  • Q.不妊治療にはどのような治療がありますか?自費と聞いていたのでお金がどのくらいかかるか心配です。
    A.不妊治療には段階的に一般不妊治療から高度不妊治療までがあります。一部の治療(人工授精・体外受精)は自費となりますが、治療中の診療内容により医療保険が適応される内容も多くあります。また各市町村では一定の条件を満たしている場合、高度不妊治療を行っている患者さまへの助成金制度を設けており、奥州市では一般治療(人工授精)に対しても助成金制度を設けておりますので詳細は各市町村の健康増進課医療給付係へお問い合わせください。治療内容についてはタイミング法・人工授精・体外受精胚移植・顕微授精とありますが治療前のスクリーニング検査をもとに個々の患者様と相談の上治療方針を提案致します。
  • Q.結婚する予定ですが、自分がちゃんと妊娠できる体なのか不安です。
    A.当クリニックでは女性・男性ともにブライダルチェック(保険適応がなく自費診療となります。)を行っております。詳細はホームページをご覧ください。近年では晩婚化や子宮内膜症の増加などにより、結婚したカップルの4〜5組に1組は不妊症であると言われています。結婚前にご自身のお体について把握しておくことは決して悪いことではないのですが、検査結果に異常があることと妊娠しないことはまた別です、検査をご希望の場合は検査内容と結果およびその後の対応についてもご相談致します。
    <女性内科>
  • Q.最近、ほてり、のぼせ、冷えなどが気になり始めました。わたしは更年期なのでしょうか?
    A.更年期はどなたでも訪れるライフステージですが、更年期障害となれば別です。更年期とは性成熟期と老年期の移行期であり卵巣機能が衰退し始め、消失する時期です。症状も個人により様々で多彩です。原因も身体的・心理的・環境的な因子も加わり一つとも限りませんので、治療も個人個人にあった治療法の選択が必要となります。薬物療法では漢方療法やホルモン補充療法などがありますので、ご相談しながら治療を進めて参ります。
  • Q.60歳です。健診でコレステロールが高いと言われました、薬を飲んだほうがいいのでしょうか?
    A.加齢とともに総コレステロール、LDLコレステロール(いわゆる悪玉コレステロール)は上昇し女性では閉経後に増加する事がわかっています。生活習慣の欧米化によりメタボリックシンドロームの頻度も増加しています。治療の基本は食事療法と運動療法ですが個人にあった治療法を選択する必要があると思います。内服治療では腎機能、肝機能、心血管系の機能を評価したうえで、副作用や併用薬剤との飲み合わせにも注意して適切な薬物治療を行う必要があります。
  • Q.最近尿が近くて尿漏れを起こす事が多くなりました。なぜでしょうか?
    A.尿失禁は咳・くしゃみ・重いものを持つ時など腹圧がかかった時に起こる、腹圧性尿失禁が中高年女性にはもっとも多く、原因は多岐に渡ります。また尿意切迫感が有り頻尿と夜間頻尿を伴う過活動性膀胱も中高年女性には多く、原因は神経因性と非神経因性に分けられます。原因を突き止め適切な治療を行う事が必要です。
    <産科>
  • Q.市販の妊娠検査薬で妊娠とわかりました。いつ産婦人科を受診すればいいでしょうか?
    A.まずは、ご懐妊おめでとうございます。受診時期ですが最終月経や妊娠に気付いた時期にもよりますが、妊娠がわかり次第なるべく早めの受診をおすすめいたします。正常に子宮内に妊娠しているか?子宮外妊娠の所見がないか?切迫流産の兆候がないか?妊娠週数の推定や分娩予定日の決定、母体合併症の把握、母子手帳交付の手続等ご説明いたします。
  • Q.分娩施設をどこにするか悩んでいます、相談してもいいですか?
    A.当クリニックは入院および分娩には対応していませんが、妊娠初期の診察および妊婦健診、適切な分娩施設へのご紹介等行っておりますのでお気軽にご相談ください。