入院案内

お産入院手続き
  • 診療時間内は受付でそのむねお申し出下さい。
  • 時間外(夜間、日祝祭日)は、入口左側のベルを押して当直看護師を呼び出してください。
  • 直ちに入院カルテを作成し、先生に連絡します。院長代直医師不在時でも携帯電話・その他による連絡体制があり、当番助産師もひかえておりますので御安心下さい。
  • 特別室を希望の方はあらかじめ申し込んでください。
  • 全室個室
お産の入院時、持参するもの

(36週をすぎたら、いつ入院してもいい様に用意しておいて下さい)

  • 母子手帳、印鑑、保険証、診察券、奸婦受給者証、又、各種証明書用紙などは事業所より用意してもらっておいて下さい。
  • 衣類
    • ねまき 2着
  • 下着
    • 産褥ショーツ3枚
    • 授乳用ブラジャー2~3枚
    • 産後用ニッパー
    • ナプキン 母乳パット ガーゼのハンカチ4~5枚 紙おむつ おしりふき 退院時の赤ちゃんの着物 赤ちゃん用にバスタオル2枚とフェイスタオル1枚 洗面用具 ハンドソープ 筆記用具 スリッパ 下足用のビニール袋
  • 分娩セットは当院で用意したものを使用致します。
    又、印のものは当院に用意がございます。(有料)
【分娩室入室時持参する物】
おこしかバスタオル1枚 5mのさらし1本
フェイスタオル2枚(アイスノン用と汗拭き用) 産後ショーツ1枚
以上の品はひとまとめにしておいてください
入院の時期
  • 規則正しい腹痛が始まった時、(陣痛) 初産10分間隔、経産15~20分間隔
  • 出血が有った時。(おしるし)
  • ぬるい水様の液体が流れた時。(破水)
  • とりあえず第一報を入れて下さい。
  • その他、異常が有った時は、先ず電話で連絡して下さい。
    電話 0197-24-6657電話 0197-24-6657
入院中の心得
  • 入院中は、医師又は看護師からの治療上の指示、注意事項をお守り下さい。
  • 火気に充分御注意下さい。酸素配管がしてありますので病室での喫煙、発熱器具の使用は固くお断り致します。
  • 病棟の消灯時間は午後9時です。
    病人の安静のため午後8時30分以降の面会は御遠慮下さい。
入院の費用
  • 正常分娩の場合、健康保険は使えません。
    当院でお産する方は出産祝い金給付の事前手続きが必要となります。
    異常分娩、異常経過をたどった場合はその一部又は全部が健康保険の給付対象となります。
  • 分娩費、その他自費料金については、近隣の料金を参考にします。
    自費部分、および健康保健給付対象部分の料金は社会保険の点数(厚労省)を基本として算出します。
  • 雑費は医療費とは別途に算出します。
  • 必ず領収書をお受け取り下さい。
分娩室への入室
  • 分娩室へは分娩衣、着替え、タオル、分娩セット等を持って入室致します。
    分娩迄の入室は配偶者と実母に限り立ち会いを認めております。
    (希望のある場合はこの限りではありません。)
  • 母体の情報を早期に、確実に把握し、緊急時に対処し、又、日常の診療をスムーズに行うため、全身麻酔器、レスピレータ、テレビレントゲン装置、吸引分娩器、心電計、保育器、ハートモニター、超音波断層診断装置、ドップラー胎児心拍計、光線治療器、自動血圧計、分娩監視装置、新生児蘇生器、デジタル新生児体重計、医療用プログラムコンピューター、ヘアーウエルダー、インファントウオーマー等々最新精密医療機器を備えてあります。
  • 分娩室は手術室と続きになっており、緊急に対応出来ます。
お食事
  • 入院中のお食事は治療の一部をなしております。
    症状に合わせたお食事を調理致しますので当院で出す食事以外をお口になさる方は必ず院長の許可を得て下さい。
  • 分娩2日目以降は夜食を調理致します。希望の方は夕方迄に、お申し込み下さい。(無料)
  • 付添い人の外食及び弁当の持参はかまいませんが出前の食事はご遠慮下さい。
  • 付添食を用意してあります。(有料)
退院
  • 遅くとも前日には退院の予告を致します。入院料金のお支払いは退院迄に精算していただきます。
  • 退院時は、領収書、お薬、各種証明書、母子手帳、保険証などを受け取って退院願います。証明書によっては時間のかかるものもありますので早めに申し込んでおいて下さい。
  • 退院後、変った事が有ったら直ぐ来院するか又は電話(0197-24-6657)電話(0197-24-6657)して下さい。
  • 病院および職員に対するお心付けは無用でございます。
医療相談
  • 当院は顧問弁護士をお願いしてありますので、社会的法律的な相談助言を行っております。
    困った時はお申し出下さい。
  • 避妊など婦人科的なカウンセリングも行っております。
    お悩みの事が有ったらお申し出下さい。
  • ブライダルチェック等も行っております。ご相談下さい。
付き添い・立会い分娩
  • 当院は完全看護体制をとっております。
    したがって付添いは原則として全く必要ありません。
    ただし、重症、手術後2・3日、分娩後1日ぐらいなど院長が特に認めた場合に限り許可される事があります
  • ご主人か実母に限り、お一人の分娩時の立ち会いを認めております。
面会時間
  • 面会は病棟係の許可を受けて下さい。午前9時~午後8時30分
  • 大勢の面会、お子様連れ、かぜ等伝染性疾患にかかっている方は御遠慮下さい。
  • 赤ちゃんは出生後48時間は新生児室で観察しますので、その間の面会はガラス越しとなります。
ページトップへ▲